料金相場の決め方

ダンボール

基礎運賃とは?

引越しにおける基礎運賃とは、引越し業者の約款に基づいている計算方法です。いわゆる「モデル料金」というもので、引越しのシミュレーションを行うための基礎となります。基礎運賃を算出するには移動時間または移動距離のどちらかで計算します。時間制で相場を確認する場合なら、「4時間」または「8時間」で計算することになります。この時間よりオーバーすると1時間ごとに追加料金が発生します。また、距離制で算出する場合は軽貨物で「30km」単位、4トントラック等では「100km」単位で相場がかわります。こちらも超過分は料金が発生する算出方法となっています。つまり、料金相場を比較する際は、どちらの算出方法で引越しを行うのか把握しておく必要があります。距離にして短距離でも、首都圏や交通の便が悪い場合は移動に時間がかかることが想定されるので、時間制を採用するなら4時間にプラス1時間から2時間を含む計算にしておくなど、料金の見積もりに余裕をもたせておきましょう。

実費の相場もわすれるべからず!

先にお話したのは基礎運賃の相場です。しかし、引越しを行う際は実費分も料金に加算されます。実費に含まれるものは「人件費」「ダンボール・梱包材」「有料道路通行料」などになります。人件費を抑えたいなら、梱包や搬入、荷解き等を自分たちで行うプランを選択しましょう。家族の中で搬入荷解きができる大人が多い場合は、作業員の数が少ないプランを選ぶといいでしょう。また、荷物を断捨離で少なくすれば梱包材の節約になりますし、重量も軽減できます。