男性作業員

「重さ」で料金が変わる

引越しの相場は荷物の重量で価格がかわります。単身の引越しであっても、プラン内に収まらない量の荷物を運ぶ場合、想定よりも高額になってしまいます。そうならないためにも、事前に料金を確かめておきましょう。

詳しく見る

ダンボール

引越しの準備品と相場

引越し作業に使用するダンボールやガムテープ。これらは業者が準備する場合1つずつに料金が発生します。小物だと思い油断すると、引越し料金が予算を超えてしまいます。そうならないためにも、自分たちで準備するものと任せるものを分けておきましょう。

詳しく見る

ダンボール

料金相場の決め方

引越し料金が会社によって異なるのはなぜなのか?それには基礎運賃の算出や、実費の算出などが関係しています。予定よりも料金がかかって焦ることがないように、事前の相場確認やシミュレーションを行って備えましょう。

詳しく見る

女性

家族で引越し

家族で引越しする際にどのようなプランを利用しようか迷うこともあるでしょう。快適さを優先するのか、コストを抑えることが重要なのか?それぞれのメリットを比較し相場よりも安い引越しを行いましょう。

詳しく見る

女性

引越しや相場の疑問

引越し作業に関する疑問や、相場の調べ方など事前に把握すべきことはたくさんあります。今回は引越し業者によくある問い合わせを例に情報をまとめてみました。引越し予定がある方はチェックしましょう。

詳しく見る

引っ越し料金の相場とは?

男女

引っ越しが決まったその日から

様々な理由から引っ越すことになった場合、まず行うべきことは引越し料金の相場価格のリサーチでしょう。なぜなら、引越しの相場は時期や距離などで変わってくるからです。例えば、単身の引越しであっても距離が沖縄から北海道では高くつくでしょうが、近場であれば安価に引越しが行えます。また、単身であっても家具や荷物が多ければ、それだけ引越し料金がかかってしまいます。ですから、事前に大まかでもいいので引越し料金の相場を知って用意した方が良いのです。

引越しの見積もり

引越しを行う前には、まず専門業者に問い合わせて引越しの相場を見積もりしてもらいましょう。見積もり自体は無料であることがおおく、ネット上で24h受け付けている場合もあります。簡易的な見積もりが完了して作業を依頼する場合、担当者から後日連絡が入る形になります。

成約前にチェックすべきこと

引越しを依頼するにあたり、最低でも2社から3社ほど見積もりを依頼して比較を行いましょう。価格だけでなくアフターケアや付属品の無料サービスなど詳細な内容を比較することが大事です。例えば、ある引越し会社では「荷造り用ダンボール箱最高50箱」や「ハンガーケース5箱」それに「シューズBOX2箱」が無料でついてくるお得なプランが人気になっていました。荷造りの手間を省くには、持ち込む荷物をある程度少なくすることも大事です。長年住み続けた家を片付けると、使わない家具や衣類がでてきます。引っ越す際は断捨離も一緒に行いましょう。